模型の館ジユウノツバサ@ホビダス 模型を作る人・佐々木大悟のブログ。鉄道模型を中心に色々と書きます。

模型を作る人・佐々木大悟のブログ。鉄道模型を中心に色々と書きます。
●当ブログのコメント・トラックバックは承認制です。投稿から表示まで時間が掛かります。また、当方の判断で承認されない場合がありますので予めご了承ください。

最近の記事
移転。
05/16 10:05
ご来場に感謝!
02/06 20:41
ワンフェス2011冬
02/05 04:15
デラックスな北斗星
01/21 14:00
電動アシスト付き自転…
01/02 00:49
最近のコメント
>岸田法眼さん…
佐々木大悟@管理人 05/12 03:44
こんにちは、211系…
岸田法眼 05/09 16:38
あけましておめでとう…
小石川のイッシー 01/04 14:14
>オッシーさん…
佐々木大悟@管理人 08/19 02:36
中央図書館がなんだか…
小石川のオッシー 08/16 00:02
最近のトラックバック

『RMM』167号

何かヨイショするみたいで恥ずかしいですが、
今月の『RM MODELS』は面白い。

まずは『Rail Magazine』とのコラボ表紙。
小売店の従業員的には
「あ~紛らわしいッ!」なんですが
(定価が違ってるから買い間違いとか起こると色々と面倒だし)、
傍から見れば面白れえコトやってんじゃん、てな感じで。

そして、冒頭の「銀河鉄道999」特集。

ワタシ自身も「999」は子供の時にアニメを見ていて
作品自体は好きなんですが、
松本零士氏に対しては例の槇原敬之氏とのトラブル報道以来、
実はあまり良い印象を抱いていなかったんですね。

にもかかわらず、本誌のインタビューは面白かった。
聞き手・牛久保孝一氏の話の引き出し方が
上手だったのもあるんだろうけど、
「銀河鉄道999」という作品を創り上げた
松本氏のスピリットのようなものに対しては
好意的な印象を感じざるを得ませんでした。

惜しむらくは、
この2つの企画が同一号になってしまったことかなぁ。
表紙に「999」特集をアピールできるビジュアルがあれば、
新しい読者層を誘い込むチャンスを作れたのになぁ…
という感想を持ってしまいました。

でも、『Rail Magazine』と統一を取る以上
特撮カットのカットインを入れるのも難しかっただろうし。
悩ましいですね。

とはいえ、「999」直撃世代の方なら楽しめること請け合い。
普段は買わないよって方にこそ、手に取って頂きたい。

あ、プレミアムの〈なは・あかつき〉もよろしく。

BGM:「the silimbo passage」~seckou keita skQ
(RICE RECORDS)
『RM MODELS』 | 投稿者 佐々木大悟 02:01 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
<<  2009年 5月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ホビダス[趣味の総合サイト]